バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【相場解説】 チャネルから予測したラインと今日の相場

クリックして頂けると、励みになります。
よろしくお願いします応援クリック(ブログ村)お願い致します^^;

今週もセミナーや打ち合わせなどでほとんど外出しており、忙しさにかまけて3日ぶりの更新になってしまいました^^;
ようやく落ち着いたので今日の相場解説。日中のものから7/31 1:40現在の相場までを見てみたいと思います。


0731-1.gif
ユロ円5分足

画像にはトレンドラインとチャネルライン(トレンドラインと並行のライン)を引いています。

A・・・本日想定レンジでも出した壁のライン
B・・・現在のチャネルラインらしきモノ(トレンドラインは引けないが、チャネルらしきラインは引けた)
C・・・Bをチャネルと見た場合に予測できるトレンドライン(らしきモノ)
D・・・本日想定レンジの下限ライン。Aを抜けた場合の目標ラインとして出したもの


朝一での予想は以下のような内容でした。
ユロ円は9時頃より下落が始まり、
113円を割ったあたりで推移しています。
戦略としては前半順張りショート、後の押し目買いという感じ。
流れの見方としての変更は特にないのですが、
112円台半ばの壁割れのリスクも多少は考慮したいところ。
このラインを割れると最大で111円台後半までは想定しています。
ユーロ円に関しましては112.58(111.98)~114.08まで見ています。

http://kawase-ch-yosou.com/archives/1136758.html

予想戦略および想定レンジもパーフェクトだったのですが、それよりも大事なのは戦略を立てる上でのラインの位置と、予測できる“トレンドラインになるかもしれないライン”を予め引いてみる事です。

もちろん、画像Cについても、これをあっけなく抜けてしまえば“トレンドラインじゃなかった”と見るほかありませんが、誰でも経験があるように「何でここで止まるの?」という疑問は、大抵こういうラインに位置している事が多いです。もっと言うと、“後から見ればわかるんだけど、リアルタイムで見ている時には気づかなかった”というラインも、チャネルラインからの予測などでCのようなトレンドラインになりそうなラインというのは引けてしまうものです。


ロブ・ブッカー氏の弟子でもあるブラッドリーフリード氏の“2trendy”。簡単に言えば、2本のトレンドラインだけでできる「世界でいちばんシンプルな手法」です。2本のラインというのは私の言うトレンドラインとチャネルラインの事。

ここでもう一度、先ほどの画像を拡大して見ていただければ、いかに2本のラインが大切なのかがわかると思います。このラインの中で頭と尻尾だけを除いても、そこそこ取れるような気がしてきませんか?あなたならドコでエントリーしてドコで決済するか・・・シュミレーションしてみると何か発見があるかもしれませんね^^



さて、来週2日からは国内全てのFX業者がレバレッジ規制として最大50倍で出揃います。
法人口座を使っている私にとってはあまりピンと来ない規制ですが、今後来年8月までに25倍になると思うと、なんだかFXの魅力の一つが消えてしまったな~・・・と感じる部分もありますね。




では良い週末を!




スポンサーサイト

| 相場解説 | 02:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。