バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【相場解説】 目標の出し方の一例と、押し目売り・戻り買いの典型

0518-1
ユロ円15分足・5分足※クリックで拡大します

今日、特にわかりやすかった場面と、先ほど反発されたポイントについての解説をざっくりと。
過ぎてしまったので「今更?」と思う方も中にはいらっしゃるかと思いますが、「何でここで伸びたのかわからん!」という方や「何でここで反発すんのー??汗汗汗汗」という方の為に^^;

答えというのは無いと思いますが、見ていたポイントと足したラインを元に推測しながら解説したいと思います。


まず、画像左の15分足から。
赤で“W”マークのように描いたのが三尊底というやつ。真ん中だけ少しだけ安値更新しているやつです。
そこに足したのが白い線3本。これは、底とネックライン(真ん中の高値辺り)と最終的に伸びた高値を指していますが、「底とネックライン=ネックラインと高値」が、見ての通りほぼ同じ幅になっています。三尊底や三尊天井(ヘッドアンドショルダーともいう)に限らず、ダブルトップ・ダブルボトム・・・その他色々・・・も、同様のクセがあります。ネックをブレイクアウトして、“どこを決済目標にしようかな~・・・”と考える際に非常に役立つかと思います。



さて、次に右の5分足。
見てみると、BBストップを割れて、下落の勢いが強まりました。「ちょっと乗り遅れたけど、ここからショートだー!」と意気込んでいると、すぐに反発がありました。このラインというのは左の15分足で見てみると、短期的なトレンドラインの一部になっています。(とはいえ、それほど重要でもないが)
しかし、この“戻り”=“相場転換?!”と勘違いしてしまう方は非常に多いかと思います。これがヤラレル原因のひとつ。底で売って天井で買う。押し目売り・戻り買い。正直、僕自身もやらかす事はありますが、一つ一つの時間枠で見ていくと、勢いが止まるラインというのは必ず何かあります。是非、色んな時間枠でチャートを見てみる事をおすすめします^^


毎回こうなる!というのはありませんが、確率的にどういう現象が高く起きるのか?を体で覚えるのは今後絶対に役立ってくると考えています^^
少しでも役に立った!という方は、是非応援クリック(ブログ村)をお願い致します^^;



ではまた!




関連記事

| 相場解説 | 01:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。