バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【受講生の進歩】 ほとんど自分への説教・・・^^;


今日は私用が色々とあり、相場にはほとんど参加できず・・・です。
ようやく一息つけそうですので、ちょっと雑談記事。

先日紹介しましたものとは別の方の感想文を掲載したいと思います。

30代半ば
2児の父親。超巨大保険グループにて上から○番目のトップセールスの顔を持つ
ゆうにゃん 外為日記ヾ(@^▽^@)ノ

40代前半
外資金融で証券化・不動産ローン業務に従事、2008年秋に破綻した某外資系金融機関にてサブプライム住宅ローン・証券化を担当していたイタい過去を持つ。商社系証券会社勤務を経て独立。
AIC会員による投資実践記

セミナーを行っている上での個人的な感想
ブログより拝借したプロフィール等ですが、どちらも金融機関出身であり、現在も金融と切り離せないご職業でらっしゃいます。スワップ神話は既に崩壊しており、買えば上がる・ロングを持てばいつかはトントン+スワップ利益という時代は完全に終わりました。最近で言えば、豪ドル円の暴落など良い例だと思います。ドバイショック時には76円台まで急落したものの、1週間足らずで80円台を回復。その後伸び続け5/4には88円に乗せる乗せないの攻防でした。利上げ利上げと言われたら、私だって豪ドル円のロングを持ちたくなる気持ちは少なからず出てきます。しかし5/25現在、72円台で推移。これが現実です。

個人トレーダーにとって大きな影響がある某ブログでは、最悪の場合の水準を明確に出しています。「豪ドル円は最悪で○○円までの円高を警戒する必要がある」など、こんな感じだ。よく当たるし、よくハズレる。それは仕方ない事だし、分析だってキチンとしている。少なからず私が感じるにはそう。でも、記事を読んで鵜呑みにする個人トレーダーは多いはず。だから、暴落・急騰という唐突な動きに対処し切れなくて強制退場させられる。「あのブログはウソだ」「あいつのせいでロスカットだ」と愚痴を言うのがオチで、同じ日に負けた人を共感し、傷の舐めあいをする。 中にはFX業者側の責任部分もあるかもしれないが、99%は自己責任だ。

どこの誰かも判らない人の予想や分析を鵜呑みにして安定利益を出せるほど相場は甘くないと私は考えています。
「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである」というアインシュタインの格言もありますが、もしかしたら今日のヘンテコな相場が常識的な相場なのかも・・・とまで感じてしまいますが、ヘンテコな相場でも安定利益を上げられるような見方・対処・戦略が出来るトレーディングテクニックを身につける事が出来なければ、きっと今年や来年起きるであろう“100年に1度のなんちゃらショック”で同じ過ちを犯してしまうのだと推測できます。

今の相場・FXトレーディングに関しては、このような方も個人セミナーは必要だと感じているのだと改めて実感し、受講する側にとってはもちろんですが、講習する側としても勉強になりました。


自分にとっても耳の痛い話ですが、トレーディングをしている以上、これからもこういう相場や自分への説教は必要なんだと思ってます^^;

過去の記事は⇒受講生の進歩カテゴリです。


少しでも役に立った!という方は、是非応援クリック(ブログ村)をお願い致します^^;
関連記事

| 受講生の進歩 | 18:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。