バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【相場解説】 昨夜~今日のエントリーポイント一覧

昨日は3時くらいまでトレードをしていました。
後から見れば一方的な流れという事はわかりますが、いざリアルタイムで見ていると、「あれ?どっち方向に向かってるんだっけ?」と、急な反発や急な反落で振り回されてしまう事も多々ありました。
一晩経ち、今日の相場ですが、個人的には「かなりやりやすいな~」という印象。乱高下も少なく、ジワ上がりジワ下がりを繰り返している状況で、結構冷静に判断出来る場面がいくつもありました。その中で、実際に私自身が行っているエントリーポイント(セミナーで伝授しているポイント)を矢印でざっくり書き込んでみます。


0623-1.gif
ユーロ円5分足
画像内、S・A・B判定は、左から確立が良いポイントという意味です。

私のトレード手法の概要は、基本的に10pips前後で決済という部分がベースにあります。理由は様々ですが、大きくわけると3つ。1つは利益を伸ばす事が下手くそだという事。もう1つはストレスが溜まるトレードが嫌いだという事。そして最後に勝率が高いという事。
ざっくり、1時間に1回のペースでトレードタイミングが来たとしましょう。実際はもっとありますが、ざっくり。で、普段チャートを見ている時間は5時間~6時間。この中で1回10pipsを確実に取れて50~60pips。枚数は平均で10万として5万~6万円。×20営業日で100~120万円。つまり、1000~1200pipsという事になります。サラリーマンや主婦でお忙しい方であれば、1日にせいぜい2時間か3時間しか時間が取れない…という条件だとしても、500~600pipsというところでしょうか。成績として悪くない数字だと思います。これに勝率が付いて来れば、平均ドローダウンが15pips位だとしても、週2の飲み代くらいにはなるのでは。





ではまた!

少しでも役に立った!という方は、是非応援クリック(ブログ村)をお願い致します^^;


関連記事

| 相場解説 | 17:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。