バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【雑談】 ギャップ 窓埋めの確率について

クリックして頂けると、励みになります。
よろしくお願いします応援クリック(ブログ村)お願い致します^^;

よく、月曜の朝のオープン時に現れる現象がギャップ。つまり窓をあけてオープンするような相場です。
ギャップが起きると次にある可能性として考えられるのが、俗に言う“窓埋め”です。つまり、飛んだ幅分の帳尻あわせをする為にそのギャップを埋めるということです。次の画像は、今年5月のドル円4時間足。

0727-1.gif

画像に言いたい事は記入しましたが、この4時間の足1本で開いたギャップ105銭は、ほぼ全て埋めています。これを期待してショートポジションを持った方もいらしたかもしれません。なぜギャップが生じるのか?その仕組みはまた今度書く事にして、では果たしてギャップを埋めることを期待してポジションを建てるという作業は有効なのか、それともあまり期待できないものなのか?という疑問。

実は窓開けというのは、日足ベースで見ても実に月1回くらいのペースで出現しています。
この10年間で言うと、そのほとんどが85%以上の確率で、当日中にギャップを埋めています。


・・・ということを考えると、しっかりとしたルールと検証結果さえあれば、ギャップ埋め期待の取引手法があってもおかしくはないのですが、そのルールは非常に難しいと思うので、自己のトレードにはまったく無縁な話です^^;

雑談でした。



ではまた!





関連記事

| 今日の雑談 | 11:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。