バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有事のドル買い 2010年11月23日の韓国攻撃から学ぶ 


金正日の死亡のニュースが今日の正午あたりにありましたが、先ほど一時的にドルが買われていました。
有事のドル買いとよく言われますが、昨年の2010年11月に北朝鮮による韓国・延坪島(ヨンピョンド)攻撃の際にもやはり市場は混乱がありました。

「有事のドル買い」の格言は、戦争が起きたときには為替相場がどのように動くかよくわからないので、投資家などが流動性の高い基軸通貨の米ドルに、緊急避難として買っておけば安心できるという経験則に基づくそうで、未だ信頼のおかれている通貨を裏付けているわけです。

が、ここのところのドル信用低下で、大してドルが変われないもしくは一時的に買われてもすぐに戻るような動きが予想出来ますね。


ちなみに2010年11月23日は一時的に70銭ほど円安に動いていましたが、その日の内に元の水準に戻っていました。



ではまた!

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

| 今日の雑談 | 13:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。