バカ息子の外国為替レポート

バカ息子の外国為替レポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィボナッチを使った逆張り売買手法&タイアップ

フィボナッチを使った逆張り売買手法を使う上で使い勝手の良い(もしくはこのチャートでしか出来ない)などという制限も稀にあるのですが、まさにフィボナッチ逆張り売買法にふさわしいFX会社のアイネット証券のチャートをご紹介したいと思います。

えー、先にネタばらしすると、アイネット証券さんと私FXバカ息子のタイアップ企画として、これから人気が出るであろう『フィボナッチ逆張り売買法』(6,090円)プレゼントのお知らせです。以前、アイネット証券さんのグループ会社であるライブスター証券さんのタイアップでプレゼントしていた書籍『高勝率トレード学のすすめ』もここ2年くらいの間にものすごい人気書籍となりました。今回もそうなってくれると自分としても嬉しいです^^

アイネット証券と聞いて「あぁ、あの会社ね!」と思い浮かんだ人はそこそこトレードも長い方なのでは?と思いますが、どちらかというとマイナーな会社かもしれませんね。今回のタイアップ書籍『フィボナッチ逆張り売買法』という名の通り、フィボナッチを使うわけですが、実はi-NET TRADERで使えるフィボナッチはなんと7種類もあり、かなりマニア心をくすぐる仕様になってます(笑)

inettrader 001最初はこちら。ウェブブラウザ版の取引画面です。EUR/USDのチャートにトレンドラインとRSIを表示させています。パっとみてわかりやすいのが、左側にあるのがトレンドライン・チャネルライン・水平線・垂直線などのツール。そして、右側にあるのが移動平均線やボリンジャーバンド・オシレーターなどのテクニカルツール。
個人的にお気に入りなのがチャート上にも引いているチャネルラインの部分。チャネルに限らず、こういった手で引くラインというのは引きやすい・ズレない・見やすいが重要で、私もよく使っているメタトレーダーは手で引くラインがズレやすいのが難点。i-NET TRADERは、ビシーーーーッと気持ちよーく引けます!


inet033.gif次に、こちらのチャートはダウンロードタイプ(リッチクライアント)のi-NET Traderです。先ほどのブラウザ版を見て勘の良い方はお気づきだったかもしれませんが、ブラウザ版を見る限り、今回重要なフィボナッチが見当たりません。。。私も結構探したのですが、やっぱり無いのです。フィボナッチを使うなら迷わずダウンロードタイプのi-NET TRADERを使うべし!です。こちら、同じくEUR/USDのチャート上に今度はフィボナッチの中でも一番メジャーなフィボナッチリトレースメントを表示させてみました。
任意の高値・安値を結ぶと、38.2%・50.0%・61.8%などのラインが自動的に表示され、ここが戻りや押しのターゲットポイントなどに使われる事が多いです。任意の高値・安値といっても、適当に引いたら良いというわけではなく、明確な最高値や最安値を基点にする必要があるので、ある程度時間が経ってじっくりとチャート分析をするタイプの方にとってはベストマッチな指標かもしれませんね。

inet022.gif・フィボナッチファン
・フィボナッチリトレースメント
・フィボナッチチャネル
・フィボナッチアーク
・フィボナッチエクスパンション
・フィボナッチタイムゾーン
・フィボナッチグリッド
左のチャートはUSD/JPYの12時間足です。2月中旬から3月中旬にかけて一気に上昇しましたが、フィボナッチリトレースメントで安値と高値を基点に引っ張ってみると、79.07円あたりが61.8%の押しに相当するという見方ができそうです。79円割れもあるぞ!というようなコメントもよく見かけますが、そうなったら損切りするとして、この辺の押しで買い場探しをしてみても面白いかもしれませんね。

えー、話はそれてしまいましたが、最後に実はあまり知られていない個人的に推したい部分はこちら!
・マイナー通貨ペアのチャートが見れる!
みなさんの中にも、マイナー通貨をレバ1倍で持ったまま…という方や、訳あって某マイナー国の為替をチェックしなければならない…などなど、私もその一人なのですがサクっとチェック出来るのが結構助かってます。

・マックOS対応のリッチクライアント&ブラウザ版
先ほど紹介したブラウザ版もダウンロード版もどちらもマックに対応しているのが嬉しい。それに、起動が早いのもi-NET Traderの良いところです。

・外為オンラインやライブスター証券などと同グループのISホールディングスの連結子会社!
だから何?という感じかもしれませんが、やはり後ろ盾が大きいのは個人的には安心しますね。何をもって信用とするかは人それぞれですけどね^^;


そして最後に!
今回、アイネット証券さんと当ブログとのタイアップ企画という事で、フィボナッチ逆張り売買法の書籍プレゼントです!低めのハードルの条件はありますが、楽勝です。

fibo001.jpg
関連記事

| 紹介 | 15:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。